中性脂肪とコレステロールの違い!LDLやHDLについても分かりやすくまとめてみた

中性脂肪とコレステロールの違い!LDLやHDLについても分かりやすくまとめてみた

中性脂肪やコレステロールと聞くと「体に悪い余分なもの」といったイメージが強いですが、実はどちらも体に必須な成分です。

ただ摂れば摂るほど良いというものではなく、摂り過ぎは生活習慣病などのリスクを高めます。

 

では、中性脂肪とコレステロールはどう違うのでしょうか。

そしてこれらの話とほぼセットででてくるLDLやHDLというアルファベット。

一体どんな意味があるのでしょうか。分かりやすくまとめてみました。

 

中性脂肪とは

中性脂肪はトリグリセライドとも呼ばれる、我々の活動に必須のエネルギー源です。

グリセリンと脂肪酸が結合したものの総称で、なければ満足に体を動かすこともできなくなります。

このトリグリセリドは必要に応じて、血中を移動し全身の細胞へとエネルギーを届ける役目をしてくれます。

 

中性脂肪は食事から摂取しますが、過剰な食事は問題です。エネルギー源として消費されなかった中性脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。メタボリック症候群、通称メタボの原因になるのです。

健康診断等で、中性脂肪が正常と判断される値は、30~149mg/dlです。

血液1デシリットル中に、トリグリセリドが30~149ミリグラムであれば概ねOKということでしょう。

29mg以下であれば、栄養不足や悪性腫瘍などの異常が考えられます。

逆に150mg以上であれば高トリグリセリド血症と呼ばれ、動脈硬化のリスクがあります。

 

コレステロールとは

コレステロールも中性脂肪と同じように脂質で、血中を移動しますが体にもたらす役割が違います。

人体は約37兆個の細胞で構成されていると言われていますが、細胞の細胞膜の材料となるのがコレステロールです。

中性脂肪がエネルギー源であるなら、コレステロールは代謝や生体維持の役割を持ちます。

 

コレステロールも食事での摂取が基本ですが、やはり過剰な食事は禁物です。コレステロールが増えることで生活習慣病のリスクが高まります。

厄介なことにコレステロールが増えても、中性脂肪のように「最近太ったな」といった自覚症状がありません。

そのため定期的な健康診断等でその数値には意識を配っておきたいところです。

 

健康診断で得られるコレステロールの数値は2種類で以下が正常な範囲とされています。

・LDL(悪玉)コレステロール 60~119mg/dl
・HDL(善玉)コレステロール 40~119mg/dl

この範囲より高くても低くても以上ということになります。

 

LDLやHDLとは

脂質は血液中には溶けません。

しかし前述したとおり中性脂肪やコレステロールは血液中を移動し全身を巡ります。

それはタンパク質に包まれて移動しているためです。このタンパク質に包まれている状態をリポタンパクと呼び、比重によって名称が異なります。

 

・超低比重リポたんぱく(VLDL) ・・・中性脂肪を包んで運ぶ
・低比重リポたんぱく(LDL) ・・・コレステロールを包んで運ぶ
・高比重リポたんぱく(HDL)・・・コレステロールを包んで回収する

 

よくネット上では、LDLは悪玉コレステロール、HDLは善玉コレステロールと呼ばれています。

その理由は、LDLは全身にコレステロールを運ぶだけで余分な分は酸化してどんどん溜まっていきます。

一方、HDLは余ったコレステロールを回収し肝臓へ戻っていくためです。

 

健康診断で得られる数値が正常の範囲であれば、LDLが運びHDLが回収という循環がうまくいっているのでしょう。

 

まとめ

・中性脂肪もコレステロールも人間に必須。

・同じ脂質で、血液中を移動するが役割が違う。

・中性脂肪はエネルギー源。余分な分は皮下脂肪や内臓脂肪として分かりやすく蓄積。

・コレステロールは生体の維持。蓄積しても自覚症状なし。

・コレステロールはLDLとHDLのバランスが重要