えっ!ビタンが舌苔に効果なし!?それ使い方間違えてますよ

えっ!ビタンが舌苔に効果なし!?それ使い方間違えてますよ

舌が白い。歯ブラシや舌ブラシで落としても翌日にすぐに復活してしまう。そんな口臭の原因である舌苔に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
悩ましい舌苔を除去し、理想のピンク色の舌を簡単にゲットできるのがビタン(BITAN)です。

しかし、実際の購入者の口コミや評判をみると「噂ほど効果なし」というレビューもあります。
そこで今回は、舌苔の基礎知識とビタンの詳細情報についてお伝えしたいと思います。

 

知っていましたか!舌苔の正体は細菌です。

細菌

舌にこびりついた白い物体。これ実は、細菌古くなって剥がれ落ちた口内の細胞食べかす、これらのかたまりです。

タンパク質を多く含むため細菌が増殖しやすく、その過程で揮発性硫黄化合物を放出し不快なニオイの原因になります。

 

舌を磨けば、意外に簡単に取れるのですが、すぐに復活してしまうという経験はありませんか。以下で舌苔に関する基礎知識をまとめてみました。

 

 舌苔は歯ブラシで落としてはいけない

舌苔歯磨き

舌苔を落とすときについついやってしまいがちなのが、歯ブラシで舌を擦るという行為。問題なく落とせるのですが、舌はダメージを負っています。
そもそも歯ブラシは硬い歯を磨くためのもので、それ専用に作られています。
毛先が固いタイプ、柔らかいタイプとさまざまですが、少なからず舌を傷つけてしまうのです。

 

傷つけることの何が問題なのかと言いますと、舌の表面は乳頭と呼ばれる無数の突起で構成されています。

表面がデコボコしているので、非常に細菌やタンパク質が絡みつきやすいのです。舌が傷つくということは、突起が傷つくことと同義です。傷つくことで修復しようとする力が働きます。傷つけ⇒修復ということを繰り返していると、より強固な長い突起に変化していくのですね。突起が長くなれば余計に細菌やその他の不純物が絡みつきやすくなります。

つまり舌苔を取り除こうと思って磨いているはずが、逆に舌苔が付着しやすくなってしまうのです。

 

舌苔は誰にでもあるので、そこまで神経質に落とす必要はない

舌苔あなたの周りにも息が無臭な人はいますよね。そういう人に「舌を出してみて」と言って舌を確認してみてください。

完全なピンク色ではなく、うっすらと白くなっているはずです。ただ口臭持ちの人に比べて、舌が潤っているのが分かるかと思います。

 

完璧なピンク色の舌の人は間違いなく何らかの舌ケアをしています。しかし、そこまで神経質にピンク色を目指さなくても息は無臭になるということを忘れないでください。前述した通り、キレイなピンク色になるまで磨くと傷つきやすく逆効果なんです。

口臭が発生するのは、舌をベーっと出したときに潤っていない状態で濃い白の舌苔が付着しているときです。こういうときにやさしくうっすらと白くなる程度に磨くのがポイントです。

 

健康な人との口内環境の違い

舌苔口内環境

ではどうして「うっすら白い舌」と「濃い白の舌」に分かれるのかというと、唾液に関係があります。

うっすら白い舌の人は、唾液の分泌が十分に行われており舌苔を洗い流してくれるのです。息が無臭な人の舌は、例外なく潤っています。この潤いは唾液によるものです。

 

逆に口臭持ちの人は、唾液の分泌が不十分で舌苔をうまく洗い流せていません。舌を観察すると水分不足で乾いた感じがします。

いくら舌を磨いても、唾液で洗い流せていないのですからまた舌苔は復活します。

 

BITAN(ビタン)の効果とは?

ビタン

ビタンは、上記のことに注目して開発された舌専用のケアグッズです。唾液分泌不足で「口内が乾燥している」と実感している人や「舌が真っ白」という人のための口臭予防アイテムです。

ではどんな効果があるのかを具体的にみていきましょう。

 

マスティックによるバリア効果

ギリシャのヒオス島にしか存在しないマスティックという木。この樹液は細菌の繁殖を抑える抗菌作用があります。

粘性のあるガム質の樹液の形状からキリストの涙と呼ばれているそうです。

唾液分泌不足状態の舌は細菌の温床ともいえます。マスティックの成分が含まれたビタンで舌を擦れば、舌苔を落とすだけでなくその後の菌の繁殖を防ぐバリア効果も期待できますね。

 

乳酸菌による口内環境の改善

口内の細菌はプラスに働く善玉菌とマイナスに働く悪玉菌が存在します。善玉菌を増やすことは、悪玉菌の繁殖を抑え口内環境を整えていくことに繋がります。

ビタンには、善玉菌の代表格である乳酸菌が配合されています。舌磨きを続けていくことで口内バランスも良い状態に変化していくのではないでしょうか。

 

16種類の潤い成分

口臭改善の重要なポイントは口内の潤いです。潤った状態が続けば、舌苔を洗い流すこともできますし、新たな唾液の分泌を促します。ビタンには、口内の潤いを保つための成分がたっぷり16種類配合されています。

 

研磨剤不使用

普段歯磨き粉を舌につけて舌を磨いている方は注意!確かに舌苔の落ちはいいですが、歯磨き粉には研磨剤が含まれているものも少なくありません。
痛みこそ感じないものの、舌を傷つけている可能性があります。

ビタンには研磨剤が使われていません。しかしそれでも粘性のジェルで舌に浸透しやすく舌苔は落としやすいです。
削って落とすのではなく、浮かせて落とすイメージですね。

 

ビタンの口コミ

口コミ

ビタンは最近販売が開始されるようになった新商品です。注文が殺到中とのことですが、有力な口コミはまだ出揃っていません。

ここではブログやSNSで見つけた数少ない口コミをご紹介します。

 

良い口コミ

これすごい。専用の舌ブラシにビタンをつけて軽く擦るだけで舌苔が面白いように落ちる。

普通歯ブラシを使って舌苔ケアをしている方は、この威力に感動すら覚えるかもしれませんね。

1回使っただけでは、完璧にきれいにはなりませんでした。しかし使い続けていくことで徐々に舌苔が薄くなっていき、ほとんど再付着することもなくなってきました。

使い続けていくことで、徐々に舌がきれいになっていくパターンもあるようです。

 

悪評もあり

舌苔は取れたけど口臭は消えてない気がする

口臭の原因は舌苔だけではありません。胃や腸からくる口臭もありますし、虫歯や歯周病が原因の口臭もあります。

ただ、舌苔ケアをしておけば原因の1つを潰したことになります。これは間違いありません。

口臭は複数の原因が絡み合って起こる場合もあるので、ビタンの効果は確実に口臭を改善するのではなく確実に舌苔を落とすものと思っておいたほうがいいかもしれません。

 

公式推奨のビタンの使い方

ビタン使い方1.舌ブラシにビタンをつけます。(舌ブラシはビタンに付属していますので、別途購入する必要はありません

2.舌の奥から、舌先へ優しく撫でるように引いていきます。(ビタンには研磨剤が使われていませんので、舌を傷つける可能性があるのは舌ブラシの摩擦のみ。優しく引くのがポイントです。)

3.最後に水で口をゆすいで完了です。

 

ちょっと効果的な使い方

舌が乾いた状態で上記の使い方をしても、思ったほど舌苔が落ちないこともあります。そういうときは舌が潤った状態で舌ブラシを引くと効果的です。

具体的には

1.ビタン液を指でとり、舌の奥へ塗る

2.1分程度放置して、舌に潤いをもたせる。(ちょっともったいないという方は、はちみつでも代用可能)

3.あとは公式推奨の上記1~3の使い方をする。

この使い方なら、より一層落としやすくなりますよ。

 

最後に!ビタンは使い続けることが重要

ビタンは1度の使用でも十分に舌苔を落とせます。しかしそれで終わりではありません。

なぜなら舌苔が多量に付着するのは唾液分泌不足が原因で、根本的な解決になっていないからです。1度の使用ではまた再付着するでしょう。

 

毎日使い続けることによって、徐々に再付着しにくい口内環境になってくるかと思います。